手打ちそば処「桔梗庵」(北海道)温かい???もりそばを味わう・・・・

レポート提出者:北の二番粉さん

JR桔梗駅から国道5号線を跨いで函館新道に向かう道路沿いで、店の大きな看板が飛び込んできます。店内はごく普通のそば屋さんなのですが、メニューを見ると、ウコン入り、スープカレーせいろ、じょっぱりそばとか、さまざまなそばがあります。
単に奇をてらうものではなく、ご主人のこだわりがあるのではないかと思い、その中で目を引いたのが「厚もり」(あつもり)でした。
そば粉は近郊の共和産や厚沢部産を製粉所から取り寄せているとのこと。ご主人が毎日手打ちしているそばが人気で、常連客も多いのだそうです。

「厚もり」というのは、簡単に言えばもりそばのそばを温めているものなのです。深めの皿にザルが敷かれていて、底には熱湯がありました。食べ終わった後も湯気が出ていました。
二八にもかかわらず、器から広がるそばの香は普通のもりそばを凌駕しています。これには驚かせられました。茹で上げたそばをそのままザルにあげるので、温かいそばを温かい汁に付けて頂くのですから、軟らかいそば麺なのです。北海道の寒い地方から誕生したこの「厚もり」はご主人のメニュー開発の努力を味わえたと感じました。玄関入り口ドア付近に「遠い処より どうもありがとうございます」の看板を見ると、ご主人の優しさが伝わってきました。

【食味体験をした店名】手打ちそば処「桔梗庵」
【店名の読み(ひらがな)】てうちそばどころ「ききょうあん」
【店の電話番号】0138-47-1063
【店の住所】北海道函館市桔梗4丁目3-22
【アクセス】函館本線JR桔梗駅から徒歩5分
【営業時間】昼/11:30~14:00 夜/17:00~20:00
【定休日】毎週月曜日
【ひとり分の平均的な予算】昼/1,000円 夜/1,000円
【予約】不可
【クレジットカード】不可
【個室】無
【席数】テーブル12席、大テーブル10席
【駐車場】有/店の前3台、店の裏3台
【煙草】禁煙
【アルコール】有/日本酒、焼酎 
【店のホームページ】無