手打ちそば起進堂(北海道)機械打ちと、手打ちの挽きぐるみ、更科が選べる

レポート提出者:北の二番粉さん

交通量が多く、電車通り沿いにあるが、店の入り口に小さな看板があるだけなので見逃してしまうほどのそば屋さんです。北海道産そば粉を店内の石臼で挽いて、打ちたての香り高いそばが味わえるとの人気で、遠方から来るファンも多いようです。
バランスの良いブレンドのそば粉を機械打ち、手打ちした挽きぐるみと、更科と三種類のそばを選べる。今回は、北海道の東に位置する阿寒国立公園の地域である、摩周産のそば粉を挽きぐるみした二八のもりそばを注文した。打ちたてのそばが運ばれたその時から、そばの香がテーブルに漂うほど強いのに驚かせる。切り口はエッジがあり手繰り寄せるとコシの強さに圧倒される。

ばは健康食であることに起ちかえり、提供する食材の安全にこだわりたいと、薬味として添えられるワサビは伊豆下田から直送してもらう。
おろしたての生ワサビをそばにのせて、白カビをつけて寝かせた木枯れ節や、南茅部の真昆布などで出汁をとった自慢の辛汁に、ちょこっとつけて食べて欲しいとご主人は話してくれた。熱心にそばを研究する姿勢がそばの味をさらに引き上げる。次回は更科を味わいたいものです。

【食味体験をした店名】手打ちそば起進堂
【店名の読み(ひらがな)】てうちそばきしんどう
【店の電話番号】0138-32-2726
【店の住所】北海道函館市深堀町30-29
【アクセス】市電・市民会館前下車徒歩2分
【営業時間】昼/11:30~15:00 夜/17:00~19:30
【定休日】毎週水曜日・第3火曜日
【ひとり分の平均的な予算】昼/1,000円 夜/1,000円
【予約】不可
【クレジットカード】不可
【個室】無
【席数】カウンター6席、テーブル20席
【駐車場】有/4台
【煙草】全席禁煙
【アルコール】ビール 
【店のホームページ】無