手打ちそば まん作(北海道) 十勝岳連峰を一望できるお店

レポート提出者:安庵さん

 

旭川から富良野市に向かう国道237号の、右手に大きな観音様がある交差点を左折(町方向)して約100m先左側、大きなお寺の手前の一軒家の蕎麦屋さんです。晴れた日には、十勝岳連峰が一望できる素敵なロケーションにお店を構えています。

 

ご主人の平山信成さんは、札幌の「さくら庵」で修行されたと聞いています。お店は、ご夫婦と従業員のお一人の計3人で営業をしていました。

 

以前来店時には、更科の二八蕎麦でしたが、久しぶりに行きますと、蕎麦が全粒粉キタワセの長沼産と摩周産のブレンド石臼挽きで、外一で打った麺に変わっていました。好みかもしれませんが、私の感想は、以前より美味しく感じました。麺はホシが有る細麺で、見た目以上にコシがあり、噛めば蕎麦の甘みが口に広がり、ブレンドの良さを感じさせる麺です。

 

蕎麦つゆは、濃いめの辛口で、麺を少し付けて食べますと、つゆと麺の良さの両方を感じる事が出来るつゆに仕上がっています。ダシは、鰹節と鯖節を使用していると思います。

蕎麦湯は、とろ~っとした湯で、別作りの蕎麦湯に見えましたが、量も豊富で蕎麦湯を十分に楽しめました。薬味には、白髪ねぎと山わさび添えられ、山わさびがより一層蕎麦湯の美味しさを醸し出していました。

 

もう一品、温かい蕎麦「きのこと小揚げ蕎麦」をいただきましたが、冷たいお蕎麦のつゆと違い、甘さとコクが前面に出たつゆでした。温かい蕎麦でも、どんぶりの中で細麺が活き活きと躍動した蕎麦です。

平日のみのサービスですが、「おそばとごはんセット」(せいろorかけと小天丼)が用意されている点も、嬉しい心遣いです。

 

インテリアは、白い壁と木(ナラ材)を使用した和モダンな作りで、ポイント、ポイントに生花を活けたシンプルでオシャレな内装です。

女性客に人気なお店で、女性の常連客が多いのがわかるお店作りです。

 

【店 名】手打ちそば まん作

【読 み】てうちそば まんさく

【電話番号】0167-45-6523

【店の住所】 空知郡上富良野町西町2丁目

【アクセス】JR上富良野駅より徒歩約15分

 国道237号上富良野交差点(大きな観音様)町方向に約100m

【営業時間】昼11:00~無くなり次第閉店(以前は18:00)

【定休日】水曜日

【ひとり分の平均的な予算】昼 600円~1300円

【予約】 可 不可 観光シーズンは難しい

【クレジットカード】不可

【個室】無

【席数】6人掛けテーブルX3個、和の6人掛けテーブルX2

【駐車場】有 約7~8台可

【煙草】禁煙

【アルコール】有 エビス小瓶400円、冷酒600円

【店のホームページ】http://www.mansaku.cc