あらきそば(山形県)田舎のメジャーなお蕎麦屋さん

レポート提出者:ORCさん

村山駅、山形新幹線新庄終点一個手前の駅で随分と遠い。しかもそば街道までの交通手段はタクシーだけ。料金は往復約で\5,000円かかる。で蕎麦\800円ですからざっと一杯\5,800円と言う事になる、新幹線代も入れると大変高価なお蕎麦になる。
私のような蕎麦好きには大変な出費であります。こんな田舎でありながら東京のラーメン屋さんみたいに大行列が出来ている。店内にようやく入ると、またまた人がごった返していて、さらに待ち時間30分。
ようやく整理券71番御座を戴きました。厨房は火の車で、全員が汗だくもんもんむんむん蕎麦を茹でては出し、茹でては出し必死。そんな中でも、若者達は何の気遣いもなく気分はデニーズで、食べ終っても席を立とうとしません。ベチャクチャと世間話の真最中。待っている客などお構いなしでございます。店員さんも周りを片付け、プレッシャーを与えますが、へーちゃら。そして、よーやく、おいらの順番が回って来た。
どっかりと腰を下ろし、板蕎麦を待つ。周りを見渡す余裕なく蕎麦到着。スゲー、見てはいたけど、これが食べたら、もっとスゲー、割り箸ぐらいの太麺がこれ以上出来ない位に平らに盛り付けられて、アデランスの宣伝のようだ。しかし旨い、ぼそぼそとせず、実に滑らかで口あたりが良い。いやー待ったかいがありました。

(2014年)

 

【食味体験をした店名】あらきそば
【店の電話番号】0237-54-2246
【店の住所】山形県村山市大久保甲65
【アクセス】山形新幹線村山駅よりタクシー\5,000円(往復)
【営業時間 11:00~17:00、
【定休日】無休
【予算】\800円(板蕎麦)
【予約】不可
【クレジットカード】不可
【個室】名
【席数】座敷30名
【駐車場】有
【煙草】禁煙
【アルコール】有
【店のホームページ】有