藍(埼玉県) 地産地消も視野に入れたお蕎麦屋

レポート提出者:蕎麦の花さん

 

このお店の近くには父の生家があり、久しぶりに来てみたら、田園地帯から、ところどころに畑の残る住宅地へと様変わり。へぇとびっくりしながら営業中と書かれた大きな看板猫の出迎えるお店の中へ。そこにはエントランスホールがあり、唐箕がでんと置かれていてまたびっくり!店主の並々ならぬお蕎麦への思い入れがすでにここにありましたね。中は和風モダンでテーブル間も広くゆったりしていて自宅のリビングのよう。時間ものんびり流れていく感じです。

 まずは熱いそば茶でほっとして、きちっとおしぼりが出てくるのも嬉しいサービス。お蕎麦だけじゃ寂しいので限定の「おまかせ料理」という前菜のようなものを注文。ご主人が趣味で平日の昼間に作っているので忙しい時は無しだとか。黒い皮の大根?やけに茗荷もシャキシャキ美味しいしと思い尋ねてみればご近所の農家さんと契約して採りたて野菜を配達してもらっているのだとか。昨今の農家さんも大変で差別化を図って、珍しい野菜を少しずつ栽培しているそうで、これは地産地消のとても良い組み合わせでしょうね。だいいちとっても新鮮で美味しいです。

 そしてご主人の修行先は同じ県内の秩父「こいけ」。ここからは名うてのそば職人がたくさん巣立っていってますから、おのずとお蕎麦にも期待がかかります。2種せいろを頼んだら、この日の蕎麦粉は秩父・茨城産。これまた地産地消になりますね。

 お蕎麦は丁寧に端正に打たれており、滑らかでありながらもっちり。石臼挽き10割のつながり具合も申し分なし。蕎麦つゆ無しで半分ほど食べてしまいましたが、手繰るほどに蕎麦の香りが口中に満ちて来ると言うか、ちょっと浅黒い秩父産とやや腰は弱いものの色白の上品な茨城産。蕎麦つゆは、かえしの効いたコクのあるもので甘すぎずスッキリ。その後に出された蕎麦湯の濃度がまた絶妙で薬味のネギを入れておかわりしてしまったほど、しみじみと美味しいものでした。

 まだお若いご夫婦の心意気、これからがますます楽しみです。

 女将さんブログ

 http://blogs.yahoo.co.jp/mirin0417/62138791.html

【食味体験をした店名】蕎麦 藍

【店の電話番号】048-522-6654

【店の住所】埼玉県熊谷市中奈良1896-4

【アクセス】熊谷警察方向から国道407号線を太田方面へ直進。「中奈  

      良」の信号を右折して最初の交差点を右折すると青い大き  

      な横書きの「10割石臼挽き自家製粉 蕎麦 藍」の看板 

      が見える。

【営業時間】月曜(昼のみ)昼 11:3015:00

         水曜~日曜 昼 11:3015:00 夜 17:3019:30

【定休日】火曜日・毎月15日

【ひとり分の平均的な予算】1000円~2000円   

【予約】可

【個室】パーテーションがあったので、それで和室を仕切るのかも。

【席数】20席(小上がり3卓・テーブル3卓)

【駐車場】有(店舗前に5台くらい)

【煙草】禁煙

【アルコール】有