味のみやま亭(東京都)昭和の香りのするレストラン

レポート提出者:ORCさん

奥多摩湖へパスで行った。何かあるかと期待して行ったんだけど、簡単な食堂以外何もなかった。これは御岳まで帰った方がいいかなーと悩んでいると。さらに山奥に行くバスが到着、フットワークの軽い私としてはエーィと飛び乗った。
ギューギューギューと小さなカーブをバスは進む。30分進むと、古いレストランが見えて、そこに「手打ち蕎麦」の看板発見、ストップボタンをあわてて押した。バスは中奥多摩で停まった。
二人合わせて150歳くらいのオネー様が食堂をやっていた。メニューを見ていると「もり蕎麦しかないよ」、と言われた。蕎麦粉は奥多摩の製麺所が持ってくるそうで、銘柄は任せてあるので解らないそうです。
お姉さん達が朝早くから打っているそうであります。「ちょっと待って」と言って30分、ようやく蕎麦が出来てきました。

幅が7mm位、長さが5-7Cm位のちぢれた蕎麦が小さな笊にゴチャゴチャに乗って来た。そして柚子コンニャクが小鉢についてきて、これが旨い。蕎麦も歯応えと言うか何と言うか旨い、凄く旨い。
お代わりお願いしました。そうしたら「在庫が半人前しかないけどいいですか?」、再び30分待って戴きました。大変美味しく戴きました。お姉さん達有難う。ご馳走様。一日も長くお店、やって下さい。それから鶴の湯温泉水有難う。

 

【食味体験をした店名】味のみやま亭
【店の電話番号】0428-86-2253
【店の住所】東京都奥多摩調川野292-12
【アクセス】中奥多摩湖バス停前
【営業時間】10:00~16:00ランチ営業、日曜営業
【定休日】年中無休
【予算】\650円(もり蕎麦) 
【予約】可
【クレジットカード】不可
【個室】0名
【席数】テーブル24名
【駐車場】無
【煙草】喫煙
【アルコール】有
【店のホームページ】http://有