日曜庵(東京都)  週末しか営業しないお店

レポート提出者:花見習いさん

 

フーテンの寅さんで有名な柴又帝釈天を散策後、近くの住宅街の中にひっそりとたたずむお店にうかがいました。外見はのれんがかけてある普通の店構えですが、中に入ると吹き抜けのモダンな雰囲気です。ダウンライトの明かり、木張りの床、洋風のイス・テーブル、漆喰の壁には花や絵が置かれ、別荘にいるような気持になります。

 

限定品の粗挽きせいろを注文します。最上級の丸ぬきを選別し、甘皮をたっぷり挽きこんであるとのこと。

 

トレーに木製の木箱に入った粗挽きせいろ、信楽焼きの辛汁のつぼ、グラスに入った水蕎麦が出されます。まずは、水蕎麦から食べて下さいとのこと。白っぽく細いが少しざらりとした感じです。粗挽きせいろはざらりとした感じで少し太めで短く、こしがあり噛みしめて味を楽しめます。

 

辛汁は醤油とだしがお互い主張しない、とろーりまではいかないがかなり濃い汁です。汁をちょっとつけ蕎麦を食べて丁度良い蕎麦の甘さを感じます。

口休めに生わさびと白髪ねぎのように切られたねぎをつまむと、さらに蕎麦の甘みを感じられます。蕎麦湯はポタージュのような白濁のとろみがあり、陶器の片手の壺に入れられています。辛汁と混ざり合わないぐらい濃いです。

 

メニューにある田舎蕎麦、普通のせいろがどんな麺なのか気になるのですが今回はお腹も満足なので再来店することにします。

 

手作りの器やBGMの優しい音色に浸り、心癒される時間を過ごせました。

(2014年度)

 

 

【 店 名 】日曜庵

【 読 み 】にちようあん

【 電話番号 】03-5668-0084

【 住 所 】東京都葛飾区柴又7-13-2

【 アクセス 】京成線柴又駅から435

【 営業時間 】11:3018:00

【 定 休 日 】月曜日~木曜日

【ひとり分の平均的な予算】昼1500

【 予 約 】可

【クレジットカード】不可

【 個 室 】無

【 席 数 】20

【駐 車 場】無

【 煙 草 】禁煙

【アルコール】有

【店のホームページ】無