神奈川県のそばレポート

やぶそば横浜店 デパートで味わえる老舗の味

まさかデパートのレストラン街に老舗の蕎麦屋があるとは思いませんでした。開店時間前にお店に行きましたが、すでに3組並んでいました。開店から15分程で満席となりました。

やぶそば横浜店のページを読む・・

名代元祖つけ天 角平

横浜駅東口から歩いて約7分。大通りに面した場所にあるのでお店はすぐに見つかりました。開店時間から3分程経った時間に行き、まだ混んでいないだろうと思ったのですが、お店のドアを開けて・・ 角平のページを読む・・

侘助 古民家で味わうそばの風味

黒光の太い梁、高い天井、テーブル席だけでなく座敷も用意してある。田谷洞窟(常勝寺)のある大船の外れに、福島県から古民家を移築したそば屋、侘助。日曜日だけに人がひっきりなしに訪れる。侘助のページを読む・・

坊ノ上なむいち すべてが上質です
悪立地を見事に味方にしております。藤沢と横浜市泉区の境辺りそのお店を目指さないと普段は使わぬ道にそのお店はあります。坊ノ上なむいちのページを読む・・

そば季寄季作久 素晴らしいロケーション
小田原辺り海沿いの国道の丘の上にそのお店はあります。曲がりくねった坂を上りきると和と洋、重厚さと和やかさが程よいバランスで、そば季寄季作久のページを読む・・

オリベ 繊細な職人の技

神奈川県は二の宮のずっとずっと山の方、住宅街の中の長い坂の途中にひっそりとそのお店はありました。短い階段を上り入口のドアを開けると、オリベのページを読む・・

しちせ2号店 海鮮.天ぷら.蕎麦居酒屋

逗子駅の周りを30分位かな、お店を探しました。しかしいくら探してもその住所にも「凛桜(りおう)」と言う名前の店は無く、近所の人に聞くと・・しちせ2号店のページを読む・・

おかむら 蕎麦一筋

逗子駅から坂道を車で走る事5分、大きな一軒家が坂の途中にある。「おかむら」店内は和風で凛とした、たたずまいで落ち着いた雰囲気が流れる。おかむらのページを読む・・

自家製挽工房梵蔵 一品ずつ丁寧な仕事の店

鎌倉は大混雑して居て入店するのに大変だったけど、材木座に来ればもう安心とばかり「自家製挽工房梵蔵」に訪れた。ところがどうだ・・

自家製挽工房梵蔵のページを読む・・

段葛こ寿々 平日も大混雑

鎌倉といえば鶴岡八幡宮、そして源頼朝かな、この八幡宮の入り口近くにあるのが「段葛こ寿々」、段葛というのは車道より一段高いという・・段葛こ寿々のページを読む・・

癒庵 コシの強さ

携帯電話番号を予約紙に書いて、店を後にする。鷺沼の町をぶらぶらと散歩しながら席が開くのを待った。日曜日昼時間は席が一杯で表に並ぶ・・癒庵のページを読む・・

蕎麦会席一 田舎の山小屋にいる感じ

ここは車が無いとちょっと不便、しかも住宅街の真ん中の普通の民家で営業をしている。石積みの階段を上がると「蕎麦会席一」がある。

蕎麦会席一のページを読む・・

Re休 アルプスの山荘のよう

住所、カーナビ、それぞれを駆使して探した一店、入口には小さな看板、そして店はうっそうとした草むらの中、ご近所の知る人ぞ知る店だ。Re休のページを読む・・

利休庵 関内じゃ有名店

1215分前に暖簾をくぐった。日本風のお店だ。よかった、まだ席が空いている。12時過ぎるとほとんどの店が20分から30分待ちになってしまう。利休庵のページを読む・・

坂の上の蕎麦司 田舎の家に遊びに来た感じ

日乃出町から右上に長い階段を上っていく、この時点ですでに田舎に来た感じだ。そして左に曲がると大きな暖簾が揺れている。

坂の上の蕎麦司のページを読む・・

三吉橋小嶋屋 さすが達磨のお弟子さん

横浜橋商店街のアーケード街は縦長のデパートのようだ、韓国食材が何軒もあって、八百屋さんは中国語をしゃべり、此処は日本なの?三吉橋小嶋屋のページを読む・・

砥部

ポカポカ陽気の昼、小田原駅から歩いたねー、携帯電話のナビを頼りに、てくてくと、知らない街を闊歩すると言うのは意外と面白いものです。砥部のページを読む・・

寿庵 小田原の歴史此処にありの店

半年に一度の人間ドックで、友人の居る小田原に来た。一日中消毒臭い匂いがしみ込んだ体を、今日は自分自身のご褒美でゆっくりと温泉につかり・・  寿庵のページを読む・・

やまもと 此処でしか味わえない蕎麦

創業70年を誇る店で、叔母ぁーちゃんと伯父ぃーちゃんがやっている店。店内は歴史その物、鎌倉時代にタィムスリップしたかのような感じであります。落ち着いた雰囲気で最高です。やまもとのページを読む・・

そば処寿庵 明治時代の古びた館、味がある

創業94年の老舗だ、明治、大正時代の建物がそのまま営業している。小田原ってあちこちに歴史的な建物他たくさんあるね、なんか渋い町だなーと思う。そば処寿庵のページを読む・・

手打ちそば くりはら 石臼挽き手打の十割そばを堪能する

土曜日の昼、東海道線と小田急線を乗り継いで渋沢駅に行く。駅から徒歩20分、こんなに奥深いところにそば屋があるだろうかと・・手打ちそばくりはらのページをよむ・・

オリベ 外一で打った三色せいろのあじわい

更科で打った白雪は、ほとんどつゆをつけずに香り高いそばの味わいを堪能する。次に丸挽きで打ったせいろ、そばの奥深い味を感歎。オリベのページを読む・・

手打蕎麦 月京 相州 昭庵 十勝産石挽きの生粉打ちそばを味わう

薫風香る皐月の風に誘われ、二宮から月京までのウオーキングを楽しむ。歩いた後のビールが美味い。桜海老のかき揚、たこ煮で白鷹の冷酒を2杯。お猪口が空になる前に「大ざるそば」を注文。昭庵のページを読む・・

江戸南甫流 手打蕎麦相州 十勝産二八そばを味わう

北海道十勝産のそば粉を使用。10割と二八の2種類。蕎麦粉は当日に石臼で挽いた挽きぐるみ。江戸南甫流 手打蕎麦相州のページを読む・・

古式手打ち会津そば玄武 会津産の10割手打ちそばを味わう

ごつごつ感は全く無く、のど越しも滑らか。十割そばのしっかりした味わいが堪能できる。噛んだときの風味が高い。古式手打ち会津そば玄武のページを読む・・

九つ井横浜店 静かな佇まいの中での蕎麦と懐石

鬼おろしそばを注文。荒けづりにした大根おろしと蕎麦の新芽、さらしねぎが塗り椀に盛られてくる。九つ井横浜店のページを読む・・

なかむら庵 古都で味わう信州の九一そば

長野県蓼科産の玄蕎麦を使用。鶏卵と小麦粉を1割つなぎ。打ち立てのやや細切りのそばを口に含むと、コシもあり、香りが 高い。なかむら庵のページを読む・・

国分寺そば 素晴らしい接客!!!と旨い蕎麦!!

海老名駅から少し離れた閑静な所にひょっこり現れるお店、「国分寺そば」さん。重厚感ある建物に大きな提灯がお迎えしてくれます。早速店内に入ると落ち着きある店内、国分寺そばのページを読む・・

○高はし 新築の中の古き良き器

超近代的なビルの二階に蕎麦屋らしき無い蕎麦屋「高はし」がある。店内は近代的建物の新築で洋風であります。しかし調度品家具など純和風方式で、このバランスの感覚に驚かされる。高はしのページを読む・・

はまげん 歯にしみる冷たい蕎麦
頭の上を線路が覆いかぶさる重圧感、大きな駅です。そして駅の周りには大きな建物ばかり、平屋や二階建の建物はありません。しかも全部新しい建物です。はまげんのページを読む・・

おおつか 器に歴史を感じた

中川と言う町、初上陸。広々とした駅前で開発途上のようでガラーンとしていた。「おおつか」店内は新装開店と言う雰囲気で真新しさを感じた。おおつかのページを読む・・

○蕎真 夫婦で力を合わせて123

綱島海道鶴見川を渡って5分ほど歩く、黒塀の洒落たマニアックな寿司店が立ち並ぶ「蕎真」ここが私たちの居場所と店を構える。店内は以外とコンパクトであるが、蕎真のページを読む・・

○登茂吉 厚木切りの合鴨が旨い

駅から歩くこと15分、周りに何もない鶴見の田舎に「登茂吉」がある。11:30分開店と同時に店内は満席となる。料理の特徴は天ぷらがデカイ、そして合鴨も分厚く焼いて出てくる。登茂吉のページを読む・・

○坊ノ上なむいち 太い柱の古民家風

今日は好い天気、川崎から熱海線に乗ろうとしたら人身事故で電車ストップ、ついてない。1時間ほどして熱海線は各駅停車となり運転再開、戸塚で乗り換えて下飯田の「なむいち」に着いた時は13:00になっていた。坊ノ上なむいちのページを読む・・

○海望 食べ歩きが高じて蕎麦屋さんになってしまった

本牧と言えば貿易港や洒落たレストランやバーがあると思いきや、チョット裏手に入ると立派な商店街が立ち並ぶ。JRの駅からは遠いけど、それなりにバスが走り賑わっている。海望のページを読む・・

○横浜一茶庵 横浜の有名店 スクールもやっていた。

この店は、横浜の有名店で、他の蕎麦屋のプロフィールを見ると良く名前が出てくる。「一茶庵で修業を積んで、出店」とか。スクールも併設していた。横浜一茶庵のページを読む・・

やま本 鎌倉時代ここにあり。

創業70年を誇る店で、叔母ぁーちゃんと伯父ぃーちゃんがやっている店。店内は歴史その物、鎌倉時代にタィムスリップしたかのような感じであります。やま本のページを読む・・

てうち蕎麦千花庵 ヨーロッパ風なアプローチに蕎麦

鶴岡八幡宮を抜けて住宅街を歩き、少し奥まった所に千花庵はある。普通住宅の住宅をヨーロッパ風に改造した外観、処が店内では日本蕎麦屋さん。毎月産地を変えて、客を楽しませてくれる。てうち蕎麦千花庵のページを読む・・

和み月  開業二年、みんな必死に頑張ってます。

昨今川崎の西口はラゾーナとかいろいろなショッピングモールができて、大都会に変貌した。その賑やかなモールをぬけて少し行くと、昔からの商店街か生きている。そんな片隅に和み月があって、昼時にもなると若者で一杯である。和み月のページを読む・・

登茂吉 そばの香りを楽しみ、出来れば鴨焼で吟醸酒を味わう

 一生懸命作ってお客の満足を得れば良いので、儲けることは無い。そば打ちを目指して小じんまりやれればそれで十分。飲み屋では無いという店主(小野智章さん)の自負が良い。登茂吉のページを読む・・ 

手打蕎麦すい庵 「そばみそ」と「おあげさん」を酒の肴にビール小壜と菊正の 

            たる酒で

 そば前を楽しむ。もりと田舎の相盛りを注文。茹でたてではない水分を飛ばした「もり」を口に含んで一口噛むと、何とも言えないそばの高い香りが口中に溢れる。二口目も「つゆ」をつけず、そばだけの香りと味を堪能する。三口目にはじめてわさびをつけ、四口目で「つゆ」に少し浸して、そばを手繰る。至福のひととき。手打蕎麦すい庵のページを読む・・

和か菜 のど越しを味わう

細打ちのそばは、冷でも良し、温でも良し。冷「ぶっかけ」を頼んだ。南瓜の天ぷら、かまぼこ、わかめ、揚げ玉、おかか等が乗っていて見た目も食欲をそそる。和か菜のページを読む・・

手打蕎麦竹清庵 地元の新鋭手打ち蕎麦屋さん

お店はJR京浜東北線鶴見駅(横浜市)西口から徒歩約10分、豊岡商店街の川崎側の入口 三角(みかど)交差点角にあります。手打蕎麦竹清庵のページを読む・・

ふる里の味・日本の味 手打ちそば 砂場 名店の味

今回は「納豆おろしそば」を頂きました。本日はこだわりの田舎そばに変更(有料)出来るとの事でお願いしました。早速御対面!!大きく深い器に納豆・大根おろし・青ネギ・鰹節等が・・手打そば砂場のページを読む・・

そば処橋本 城下町の名店

2Fには提灯が並びそば処!!といった雰囲気と期待をさせます。店内は2階席もあり、相当な人数が入るのでは!?と思います。橋本のページを読む・・

横浜一茶庵 横浜元町「一茶庵」

横浜一茶庵は、片倉康雄翁のお孫さんであり、東神奈川で一茶庵手打ち蕎麦教室を主催される片倉英統氏の経営する店舗です。横浜一茶庵のページを読む・・

鎌倉 そばの香りと天城産わさびの相性を味わう。

北海道・幌加内産の玄蕎麦を厳選し、石挽き、ふるいまで7段階による製粉を行う。茹でる、盛りつける、運ぶという一連の作業は1秒を争う食品だから、中断してはそばが不味くなる。鎌倉のページを読む・・