手打そば くりはら(神奈川県) 石臼挽き手打の十割そばを堪能する

レポート提出者:ボブ ヒラッキーさん

 

土曜日の昼、東海道線と小田急線を乗り継いで渋沢駅に行く。駅から徒歩20分、こんなに奥深いところにそば屋があるだろうかと聊か疑問だったが、中は満員で20分待ち。車社会だから、駅から遠いのは関係ない。美味ければ人はそれを食べに行く。

 

混んでいるのでせいろうとそばがきを同時に頼んだら、そばがきが先に来た。せいろうそばとそばがきのどちらが、そばの香りが高いか。一般的な言い方をすれば、これはそばがきだ。もちもちしたそばがきを、何もつけずに、次にわさびだけでそしてつゆを少しつける。そばが鼻をくすぐる。箸休めは「つけもの」、特に「まくわうり」の甘酢漬けは絶品だ。茹でピーナツもついている。

 

次に打ち立てのせいろうそば。これもそばの香りが口中に満ちる。甘味と香りを一筋、ふた筋と手繰る。口福とはこのことか。細切りのそばは、食事として十分な量がざるに盛られてある。薬味はきざみねぎのみ。自分は辛味のきいたおろしで味わう。最後はそば湯で蕎麦の味を確かめるかのように、ゆっくりと飲み干す。そば湯のお代りは自由。

店主とそばの話をする。生産地は新潟県、富山県、福井県、長野県だそうだ。この日は長野県産と福井県産を使用。つゆは砂糖を使わず天然の味を出すようにしている。12月に人ると自家栽培の新そばを提供するという研究熱心な店主。新そばの季節にはもう一度訪問したい店の一つとなった。      

 

南林間の「TAGURU]と開成町の「あしがら翁」が良いと推薦してくれた。ほとんどの客が車のようで、渋沢駅から歩いて来たと言ったら、店主のお母さんが、今、手が空いているからと言って、駅まで送ってくれた。

【 店 名 】    十割 手打そば くりはら

【 読 み 】    じゅうわり てうちそば くりはら

【 電話番号 】0463-88-1070

【 住 所 】    神奈川県秦野市渋沢2098

【 アクセス 】    小田急線渋沢駅より徒歩20

【 営業時間 】     火曜日~金曜日 昼11301500

               土曜日・日曜日 昼11301500 夜17302000【 定 休 日 】     毎週月曜日 第3火曜日

【平均的な予算/人】     1,000円~2,000

【 予 約 】    不可

【クレジットカード】       不可

【 個 室 】    無し

【 席 数 】    テーブル席 16席 板敷き 12

【 駐 車 場 】           有 12

【 煙 草 】    禁煙

【アルコール】   

【店のホームページ】       http://www.ac.auone-net.jr:/kurihara/