なかむら庵(神奈川県)古都で味わう信州の九一そば

レポート提出者:ボブヒラッキーさん

長野県蓼科産の玄蕎麦を使用。鶏卵と小麦粉を1割つなぎ。打ち立てのやや細切りのそばを口に含むと、コシもあり、香りが 高い。
からりと揚がった海老天とそばの絶妙な味わい、至福のひと時。決まっている訳ではないが、この日は長男がゆで方、次男が揚げ方、
三男が打ち方と分業体制であった。食べ終えて濃厚なそば湯を楽しむ。美味しくてお代りをした。出来れば、きざみ海苔はそばにかけて欲しく無かった。これをやると、一般の町のそば屋になってしまう。
食事を終えた後、打ち場では三男がコマ板を使わず、リズミカルにそばを切っていた。職人芸そのもの。お持ち帰り用の生そばを販売。出前をしない代わりに、買って持ち帰り、家で茹でる方が美味しいそばを食べることができますよ、という息子達の親父さんの言。

【店名】なかむら庵
【読み】なかむらあん
【電話番号】0467-25-3500
【住所】神奈川県鎌倉市小町1-7-6
【アクセス】鎌倉駅から小町通りに入り、

      2筋目の通りを右側に50メートル行く。
【営業時間】朝 11:00~17:00(そばが売り切れ次第終了)
【定休日】木曜日
【平均的な予算/人】1,000円~2,000円    
【予約】不可
【クレジットカード】不可
【個室】無し
【席数】テーブル席 18席 カウンター席5席 
【駐車場】無し
【煙草】禁煙
【アルコール】有
【店のホームページ】www.nakamura-an.com/