侘助(神奈川県)古民家で味わうそばの風味

レポート提出者:ボブ ヒラッキーさん

黒光の太い梁、高い天井、テーブル席だけでなく座敷も用意してある。田谷洞窟(常勝寺)のある大船の外れに、福島県から古民家を移築したそば屋、侘助。日曜日だけに人がひっきりなしに訪れる。家族連れが多い。みな静かに酒と蕎麦を楽しんでいる。
そば前に旬の松茸天ぷら、鯵のたたき、卵焼き、とり肉の塩焼きなどを樽酒と一緒に注文する。そばの産地は北海道産。さて、頼んだもりそばは細切りで充分、水が切ってある。一すじ二すじを手繰って口に含むと、おそばの高い香りが口中に満ちる。
かつお出汁の効いたつゆにつけ、食べるごとにそばの風味が高まって来る。きざみ海苔がそばに乗せてあるが、これは好き好き、私の好みではない。蕎麦の他にうどん、懐石・会席料理もあり、大勢でそばを楽しむこともできる。

【 店 名 】 侘助
【 読 み 】 わびすけ
【 電話番号 】 045-852-3050
【 住 所 】 神奈川県横浜市栄区田谷町1396
【 アクセス 】 東海道線・大船からタクシーで5分、

         バスの場合はドリームハイツ行き常勝寺で下車。
【 営業時間 】 月~土 11:00~21:00
         水、木、金は15:00~17:00の間は休憩。
         日、祝日は11:00~20:30
【 定 休 日 】 火曜日
【平均的な予算/人】 1,000円 ~ 3,000円
【 予 約 】 可
【クレジットカード】 可
【 個 室 】 座敷を衝立で仕切る。最大人数24名まで。
【 席 数 】 テーブル 23席 座敷 24席 堀炬燵 14席

        合計 61席
【 駐 車 場 】 有 11台
【 煙 草 】 禁煙
【アルコール】 有
【店のホームページ】 有