石臼自家挽き蕎麦 亀屋(石川県) 十割そばは粗挽き細打ちの田舎そばです

レポート提出者:どもども遠田さん

 

石臼で自家挽きしているお蕎麦屋さんは石川県内ではそれほど多くありません。数少ない石臼挽き自家製粉のお蕎麦屋さんのひとつが、かほく市の亀屋です。

 

亀屋の蕎麦は信州産。長野県黒姫産の玄蕎麦を農家から調達し通年冷蔵保管することで品質を保っています。玄蕎麦は粗挽きや細挽きなど数種類に挽き別けており、せいろや更科、田舎そばなどそれぞれ挽き方が違わせているのが特徴です。 

 

8月1日、真夏の昼下がりに亀屋で田舎そばをいただきました。 

 

田舎そばは亀屋の蕎麦メニューの中で唯一の十割そばです。田舎そばは蕎麦の甘皮を挽き込んだ粗挽きで、黒々として荒々しい印象のとおりガツンの蕎麦の旨みが感じられる蕎麦です。

亀屋の田舎そばは香りがいいです。まずは蕎麦本来が持っているいい香りを楽しんでから、蕎麦だけをひとくちいただきます。細めに仕上げた麺ですが、噛みごたえもあります。田舎そばを好むのは、せいろのようなツルツルっという食感ではなく、少しボソボソっとした荒々しさとともに蕎麦本来の味わいを楽しみたいからです。

ひとくちふたくちと蕎麦をたぐり噛むとまた蕎麦のいい香りが感じられます。亀屋の田舎そばは、よく噛んで味わう十割そばを好む人におすすめです。信州そばらしい美しい細打ち麺なので、固めの麺はちょっと、という方でも大丈夫でしょう。よくできた蕎麦です。

香りよく、噛んで味わう十割蕎麦なら亀屋の田舎そばがいいですね。蕎麦の微妙な香りを楽しみたいので、出汁は使わず塩でいただきました。

今日は午後2時ころに来ました。この時間帯は昼のピークを過ぎているので蕎麦を茹でる釜にはたっぷりと蕎麦の旨みが凝縮されたそば湯が残っているはずです。この濃いそば湯を飲みたくて遅めの時間帯に来ました。

濃厚なそば湯は旨い。蕎麦の香りも感じられ旨味も凝縮しています。ダシは入れずにそば湯だけをふーふーしながらいただきました。たっぷりとそば湯をいただきごちそうさまです。

 

なお、この亀屋店主の西川氏には二人の息子さんがいて、ひとりは亀屋店内で働いており、もう一人の息子さんは金沢市で亀平という蕎麦屋をやっています。亀平の蕎麦粉は亀屋で挽いたものを使っています。

【店 名】石臼自家挽き蕎麦 亀屋(かめや)

【電話番号】電話 076-283-0866

【住 所】石川県かほく市白尾ハ6-1

【アクセス】JR宇野気駅・西口より徒歩8分。

         国道8号線白尾交差点角。

【営業時間】営業時間 昼11:3014:30 夜17:0019:30

【定休日】月曜日と毎月第一火曜日

  なお月曜日が祝日の場合は営業して翌日が休業日となります

【ひとり分の平均的な予算】昼 900円~1500

【予約】可

【クレジットカード】不可

【個室】無

【席数】39席(テーブル5卓、小上がり2卓、カウンター3席)

【駐車場】有 6台以上駐車可

【煙草】禁煙

【アルコール】有

【店のホームページ】なし