竹林舎唐変木(石川県)自家製粉のモチモチそばが美味しい

レポート提出者:そばそばさん

自家製粉した蕎麦の味と香りをたっぷり味わえるお店です。入り口を開けると奥様と厨房からご主人の「いらっしゃいませ」の声がかけられます。丁寧に磨き上げられた木のテーブルと椅子に腰をおろします。
メニューは蕎麦粉の製粉と麺の細麺、太麺、つゆによって選びます。私が一番好きなのは、手挽き超粗粉です。
運ばれた蕎麦はふんわり盛りつけられています。ご主人によると、アリが通れるくらいの空間をつくるように盛りつけると美味しいとのことです。麺には蕎麦の実がプチリと浮き出し つやつやモッチリして、見た目の美味しさがたっぷりです。口に運ぶと麺はモチモチして蕎麦の香りを広げながら 歯ぬかりしないで、のどをスッー通りすぎます。
九割五分で打たれていますが、超粗挽き蕎麦粉をこのような食感に打たれるのは職人技だと思います。メニューにある特上、馬方は、十割で、硬くなく柔らかくなく これらも絶妙な茹で上がりの麺です。つゆは醤油と塩を選べ、お猪口に3分の1ほど入っています。蕎麦に少しつけて食べるようにとのご主人の気持ちが感じられます。
美味しさを味わうあまりにつゆなしで蕎麦だけを私は半分ほど食べてしまいます。つゆは醤油も塩も鰹と味醂と砂糖など諸々が隠し味になって 際立たなく、美味しいです。大根のおろし汁が添えられ、お好みで入れます。蕎麦湯は別仕立てで、トロリとして濃いです。
つゆを少し入れて飲む蕎麦湯の美味しさで、つゆの美味しさが証明されます。「東京は下町本所の出」とHPにあり、蕎麦に少しつけて食べるつゆの濃さは、関東風のように思います。蕎麦をつゆにどっぷりつけて食べていた頃には感じなかった、蕎麦そのものの美味しさを知りました。

蕎麦の美味しさは蕎麦粉で決まることを念頭におかれるご主人は、三基の石臼で自家製粉されています。HPにもご自身で作られた石臼の説明が写真とともに書かれています。蕎麦に日々奮闘される職人気質が美味しさに拍車をかけているようです。
いつ食べに行っても、「あの味」で迎えられ、蕎麦もつゆも変わらない美味しさはうれしいです。食べるごとに美味しくなっている気さえします。
そして 蕎麦の出来上がりを待つ時間に 全面ガラス張り越しに見る風景は、季節ごと、天候ごと、時間ごと いつも違って、感動します。変わらない美味しい味と、変わる風景がとても心地よいです。
ご主人も奥様も必要以上にことばをご自分からかけられないことも 蕎麦の味と風景に重ねて、静かな時間の素晴らしさを演出しているようです。
飾らない美味しい蕎麦と、山里の風景と、心地のよい静かさをあじわえる唯一のお店です。いただく蕎麦に心がいっぱい込められています。帰り際に奥様と厨房からご主人の「ありがとうございました」の声がかけられます。
蕎麦の美味しい余韻はお店から出たあとも続く気がします。蕎麦打ち個人指導もされ、私は30日間プロコースを受講し、2008年に蕎麦プロ養成課程修了師範認定されました。尊敬する師匠のお店です。

【食味体験をした店名】竹林舎唐変木
【店名の読み(ひらがな)】ちくりんしゃ とうへんぼく
【店の電話番号】076-254-2281
【店の住所】石川県白山市若原町甲100-1
【アクセス】自動車 金沢から山側環状線を走り「四十万南」交差点を

      左折、山側に添いながらひたすら走り、
      白山比咩神社を過ぎ白山町南(ローソンの有る交差点)を

      直進、手取川(鳥越大橋)を渡る。
      7~8分でトンネル(スノーシェード)を

      過ぎたところ(HPより)
【営業時間】昼 11:00〜16:30
【定休日】木曜、金曜 (祝日 営業)
【ひとり分の平均的な予算】昼 1000円  
【予約】可 
【クレジットカード】使用不可
【個室】無 
【席数】16席
【駐車場】有 
【煙草】禁煙
【アルコール】 有
【店のホームページ】http://www.touhenbokunanakama.com