新次そば三井(長野県) こんな山の中、どうやって行ったか解らない店

レポート提出者:ORCさん

 なんかカーナビが狂って一時間くらい走った。突然大きな枝垂れ桜の前に出た。そして由緒ある薬師寺の前を行くと新次そばの旗がようやく見えた。苦労のかいあって、実に嬉しい到着だ。店というか大きな農家の入り口に暖簾がかかっている。目の前の畑は蕎麦畑、乙事産であります。 

 店内の座敷に上がると縦に御膳が並べられていて、30~40名位収納出来るスペースがある。そして何とこんな田舎に、アアアアア浅田真央ちゃんまでがお忍びで来店している。ほかにも多数のオリンピック選手も来ていて、芸能人も多数来店、サインは難しくて読めないけど。何でかな? 此処の親父さんがその関係なのかもしれない。十割蕎麦注文、宮崎はやおのアニメに出てくるような、おばぁちゃんが出て来て、お茶とオシンコ置いてった。野沢菜だ、うす塩味で結構美味かった。おシンコがなくなる頃、いよいよそばの登場。ひとつの木箱きりだめに出てきます。色が黒くて存在感があり、スルット行っちゃうね。実に田舎って感じで旨い。もう申し分なく旨い。私はこれを求めてきたのだと、その時心から思った。

【食味体験をした店名】新次そば三井
【店の電話番号】0266-62-3468
【店の住所】長野県諏訪郡富士見町乙事5177
【アクセス】富士見駅から2,416m
【営業時間】11:00~14:00頃(要予約)
【定休日】不定休、
【予算】\1,050円(十割蕎麦)
【予約】可
【クレジットカード】不可
【個室】小上がり36名 
【席数】
【駐車場】有
【煙草】禁煙
【アルコール】有
【店のホームページ】http://有