安江(愛知県)じっくり味わう精進料理の蕎麦

レポート提出者:雅・徳コンビさん

建物全体ががっしりとした風格も感じられる構えで、中へ入ると広く明るい空間に清潔感が漂い、店員さんの応対もきびきびとした動きで感じが良い。
この店はご夫婦で小さなお店から始められ、今日(こんにち)では支店もある大きなお店に育て上げられたそうですが、玄蕎麦からの自家製粉にこだわり、細めのうどんに近いほどの太さの「蕎麦切り」と、太打ちの「荒挽き生粉打ち蕎麦」、細打ち蕎麦と3種類の蕎麦を揃えてみえます。
「蕎麦切り」(ざる870円)は、太いが適度のこしもあってじっくり噛みしめる蕎麦の味わいも捨てがたいですが(一度食する価値あり)、今回は荒挽き蕎麦のざると野菜天のセット(2600円・ざるのみで1620円)にしました。この蕎麦も太打ちで結構太いですが程よい弾力とコシがあり、噛みしめると甘いしっかりとした蕎麦の味わいが口に広がります。
辛汁は、本格的な精進料理のお店も兼ねているだけあって、だしは昆布と椎茸から取っていますが、それらの旨みがじっくりと引き出された穏やかな味で、蕎麦の味わいをそっとサポートするかんじです。
一般のお店でもこうした辛汁を使うお店がもっとあっても良いような気がしました。季節の野菜の天ぷらは、個人的にはやや衣が固い感じがしますが、揚がった素材のホクホク感が味わえます。

最後にとろりとした蕎麦湯をたっぷり頂いて締めると、本格蕎麦を味わった幸福感がしみじみ湧いてきます。この荒挽き蕎麦は他の蕎麦に比べてかなり割高感がありますが、それに見合った美味しさがあると思います。
この他、海老天ざるや、きのこおろしそばなどがありますが、蕎麦切り定食(2400円・3000円・3600円)や精進料理のコース(5400円・6050円)もあり、別造りの座敷で味わえます。
また、蕎麦屋定番の各種のおつまみ類や一品料理も豊富で、お酒もあります。

【 店 名 】安江
【 読 み 】やすえ
【 電話番号 】052-831-1032
【 住 所 】名古屋市瑞穂区陽明町2-32
【 アクセス 】地下鉄名城線総合リハビリセンター駅から徒歩10分
【 営業時間 】(月~金)11:00~15:00   17:00~21:00
       (土・日・祝)11:00~21:00
【 定 休 日 】なし
【ひとり分の平均的な予算】昼1000円~3000円 夜2000円~4000円
【 予 約 】
【クレジットカード】
【 個 室 】入り口が別のお座敷あり
【 席 数 】26席(7卓)・上がり座敷2(各々10席位)/2階は大広間
【駐 車 場】20台 
【 煙 草 】禁煙席あり
【アルコール】有り
【店のホームページ】