西なか(京都府)実家の近所にできた手打そば店

レポート提出者:岩崎晃さん

そば鑑定士試験の帰りに前から気になっていた近所にできた手打そば店を訪問。カウンターだけのこじんまりとしたお店で夫婦でやっておられる様子、さむかったので温かいそばにしようと思い、かきあげそばを注文するも、かきあげが売り切れとのこと。
とりなんばそばにした。カウンターの目のまえが厨房のちいさな店なので、つくるところが良く見える。僕も同じ仕事なので、どうしても仕事の目でみてしまうのが悲しいところだが、一生懸命つくっておられるのがよくわかり好感がもてた。
とりなんばも珍しい?とおもうのだが、とりが炙ってある。お出しをひとくちすすると、なんと言うかほっとする味。お店の雰囲気もあるとおもうが、、、。こうばしい香り。
そばは細打ちだったが、茹で加減はいい感じ、でも手打の細打ちの温麺なので、急いで食べた。お会計のとき、おまたせしてすみません、とおしゃっておられたが、それも好感がもてた。寒い夜に心あたたまる一杯のそばでした。

【食味体験をした店名】西なか
【店名の読み(ひらがな)】にしなか
【店の電話番号】075-841-1851
【店の住所】京都市中京区じゅ楽廻り2-9
【アクセス】市バス千本丸太町下車すぐ
【営業時間】昼11:30~14:00
      夜17:00~20:00(売り切れ次第終了)
【定休日】日曜・祝日
【ひとり分の平均的な予算】昼~999円   
【予約】不可 
【クレジットカード】使用不可
【個室】無し 
【席数】カウンターのみ
【駐車場】無
【煙草】禁煙 
【アルコール】有 
【店のホームページ】なし