そば処響(大分県)豊後高田を代表するそば屋の一つ“そば処 響”

レポート提出者:そばのみさん

一件蕎麦屋に寄って来たところだ。腹が空いていたのだがせいろ1枚だけ食べて出てきた。美味いそばだったが二枚食べてはいけない予感がした。少し歩いていると「そば処 響」との案内を見つけ予感の根拠を知った。
案内に導かれ店の前に来ると、かつての建物に「そば処 響 生粉打そば・酒」の布看板が私を招く。写真を取ることももどかしく趣のある玄関扉を開け店の中へと入った。思ったより天井が高く奥行きのある空間が広がる。既に座卓席は満席だ。店員の気持ち良い案内でカウンターに座る。品書きから「ざるそば」を頼むと、それはほどなく運ばれて来た。そこにそば湯も一緒に出されたことに戸惑を感じた。
そばは若干太めで黒い色である。まず、そばつゆの味を確かめようと、徳利のそば汁を少量そば猪口に入れ色と香りを確かめた後に口へ運ぶ。ワインの味を見る時の様に、口に入れた小量の汁を口から吸った空気でなじませる。
鰹節の良い香りが鼻孔一杯に広がり深みのある味も感じる。若干甘めではあるが関東の味に近く自分の口にそれほど違わず安心する。そば猪口がそばを招き入れられるように汁を適量に満たしておく。
そばを2本箸でつまむと重量と弾力を感じる。口に入れ啜ると「うぅん」と思わず唸った。そば粉の香りが口いっぱいに広がったからである。自分が黒いそばに持っている偏見を感じさせないすっきりとした心地よい香りである。弾力があり噛み応えのあるそばであり、美味い。二口三口と続けて食べた。そばつゆを付けることを忘れそうな程である。

つゆを付けて食べると、鰹節の香り、汁の旨味がそばをざるそばと言う料理に仕上げる。わさびを少量一口で食べられる量のそばの上に載せ口に運ぶ。(そばを途中で噛み切る仕草は粋ではないと思っている)味の変化が箸の動きを加速させ完食。
先にせいろ一枚を食べていることを差っ引いてもボリュウムを感じるそばであった。量が特別多い訳ではなく、弾力が噛む回数を増やしたことによるものだと考える。出されていた急須からそばつゆが小量残ったそば猪口へそば湯を注ぎいただくと食事後の安堵感が広がる。
豊後高田のそばは、江戸、信州のものと趣向が異なっていることを理解できて食べると美味い。同じ物指しで測ってはならない・・・

【食味体験をした店名】そば処響
【店名の読み(ひらがな)】そばどころひびき
【店の電話番号】0978-22-1066
【店の住所】大分県豊後高田市玉津986番地 
【アクセス】JR日豊本線 宇佐駅から車で15分
【営業時間】昼:11:00~15:00 夜:18:00~21:00
【定休日】毎週火曜日(夜は営業) 毎週水曜日
【ひとり分の平均的な予算】昼:800円~1500円

             夜:800円~2500円
【予約】可 
【クレジットカード】不可
【個室】有 
【席数】4人掛け座卓×3 3人掛け座卓×1 カウンター5席

    個室あるが詳細不明
【駐車場】有 
【煙草】禁煙 
【アルコール】有 
【店のホームページ】なし