石臼挽き手打蕎麦 温川(大分県)温泉と併設する本格蕎麦店

レポート提出者:そばのみさん

久しぶりに湯布院に来た。木材で造作され、黒く装飾された背の高い由布院駅舎は品よくこの地の風景に溶け込んでいる。駅舎の中にある観光案内で地図を貰いそば屋の場所を調べる。「手打ち十割そば温川」の文字が目に留まりなぜか気になる。
なにかの縁だと思いそこを目指す。いろいろなお店が立ち並び観光客でにぎわうおしゃれな通りを、ゆっくりと20分程歩いただろうか、白地に太字で書かれた「十割そば」の“のぼり”が目的地を知らせている。
縁を感じて来た店にしては大衆的な平屋の小さな店。味が心配になったがなにがあってもなにかの縁だと心を決めて入店。・・・通常店内の目線は立った自分より少し低い位置にテーブルがあるのだが、ここは遥か下に座敷が広がる不思議な空間。
山小屋の様である。おかみさんだろう、きびきびとした気持ちの良い接客のままに案内された座に着く。「おしながき」を見て盛りそばの“一つ盛り”をお願いする。100gだそうで、「小腹がすいたら」と注釈がある。(これならなにかあっても吸収できる・・・)
テーブルには岩塩が2種類置かれている。 “ヒマラヤ岩塩“と“ブラック岩塩“と書かれている。味を聞く。ヒマラヤ岩塩は程よい雑味が塩辛さをマイルドにしている。ブラック岩塩は若干癖がある。何の香りだろうしばらく考えるが思いつかず、後に考えるとほのかな硫黄の香りかな?と思う。しかしこれらの塩は何のために置いてあるのだろう?

そんな疑問を抱いているとそばが来た。黒いそばだ。豊後高田で食べたものに黒さ、太さ、一本一本のそばの湾曲具合がよく似ている。味はどうだろうか? おかみが、「塩は2種類あるので、それぞれそばに少量かけ食べてみてくれ」と注文し戻って行った。
塩が置いてある理由が腑に落ち安心する。いつもの様に2本箸でつまみ何もつけず口へ運ぶ・・・美味い!そばの香り、甘味が一級品である。次におかみの言う様に、塩を付けて食べる。まずはヒマラヤ岩塩。
せいろの端へ寄せた一口よりもだいぶ少な目にまとめたそばへそれをかけ頂く。うん。良いが、そばはそば、塩は塩だ。次はブラック岩塩。ヒマラヤ岩塩と同じ要領で口へ運ぶ。ん、ん~ これは良い。そばと塩が一体となり相乗効果で美味くなっている。もう一口、ブラック岩塩で食べる。
もう一口食べる。・・・一つ盛りのそばがなくなりそうだ。あわてて汁の味をみる。これも良い。九州で多く味わった汁のようには甘くなく、節の香りが立つそばを付けたくなる味だ。そばを付けて食べるにはやはりこれだ。そばと言う料理に格上げされる。
わさびは、小ぶりなサメ皮卸しの上に予め擦られた本わさびが添えられている。わさびの辛みを出すのは難しい。擦ってからある程度の時間が必要であるし、適量の砂糖も必要だ。
この店はわさびをも適切に調理している。板前の腕に間違いはないのだろう。副島のそば粉を使った温川のそばは、私の九州そばランキング上位に入ることは間違いないものであった。そば屋を評価するにはそばを食べてみねば分からない。店構えで判断してはならない・・・

【食味体験をした店名】石臼挽き手打蕎麦温川
【店名の読み(ひらがな)】いしうすびき てうちそば ぬるかわ
【店の電話番号】0977-85-3298
【店の住所】大分県由布市湯布院町川上1490-1
【アクセス】JR由布院駅から徒歩15~20分
【営業時間】昼11:00~18:00(そばがなくなり次第閉店)
【定休日】不定休
【ひとり分の平均的な予算】昼1,000~1,500円
【予約】可 
【クレジットカード】不可
【個室】無
【席数】4人かけ座卓×3 6人かけ座卓×2
【駐車場】有 沢山
【煙草】禁煙
【アルコール】有 
【店のホームページ】なし