そば打ち教室を東京・銀座で開催中。そば打ち体験もできます

そば打ち教室を、東京、銀座にある、長野県のアンテナショッブ「銀座NAGANO」で開催しています。女性のお申し込みが多いそば打ち教室です。

毎月一回の開催で、初めての方も、きれいにつながった十割そばが打てるようになります。安心して、お申し込みください。

【3月28日(火曜)の内容】

 

【蕎麦のソムリエ講座 第一部】

 

●第一部

3月28日は、十割そばを打っていただきます。

時間 11時~14時30分

(「蕎麦のソムリエ講座」に初めてお申し込みいただく方は、このプログラムです)

11時スタートで、そば打ちを練習していただきます。

まず講師が、見本として、そばを打ちますので、それをご覧いただき、そのあと、ご自分で実際に、そばを打っていただきます。

ご自分で打ったそばは、ご自分で茹でていただき、召し上がっていただきます。

14時から30分間は、片山虎之介が、そばについてのお話をさせていただきます。深い内容を、楽しく、わかりやすくお伝えします。

 

【そば打ち講師】

佐藤弘高さん。

信州伝統の技術「一本棒」の打ち方をお伝えします。

佐藤さんのお店は、神奈川県大和市、小田急線の桜ヶ丘駅近くにある『手打ち蕎麦 卯月(うづき)』です。

佐藤弘高さんが修行したのは、信州・軽井沢の名店『かぎもとや』です。この店は明治三年の開業で、古くから皇室の要人や、吉川英治をはじめとする文人墨客など、多くの人に愛されてきた名店として知られています。皇室の要人に、毎年、年越し蕎麦をお届けしていたという記録も残されています。

佐藤さんはそこで店長を務め、その後独立して現在は、神奈川県大和市で、そば店『卯月』(うづき)を経営しています。

 

(30分の休憩が入ります)

 

●第二部 

時間 15時~18時30分

3月28日は、春の香りの「さくらそば」を打っていただきます。

美しく透明感のある蕎麦から、さくらの香りがほのかに漂う風雅な蕎麦です。

 

第二部は、「蕎麦のソムリエ講座」を何度か受講していただき、「蕎麦のソムリエ」として認定された上級者のためのプログラムです。

毎回、同じ練習を繰り返すのではなくて、1~2回ごとに新しいテーマを設定して取り組みます。

田舎そば、粗挽きそば、さらしなそば、十割そばなど、日本そばには、それぞれに個性的な多種類のそばが存在します。そうしたそばの食文化の多様性に触れていただき、日本そばの幅広い魅力を体験していただきます。そして、それらのそばを、ご自分で打てるようになっていただくことが、「蕎麦のソムリエ」の上級の認定につながります。

 

【そば打ち講師】

松本行雄さん

昨年末、TBS系のテレビ番組「ぶっこみジャパニーズ」にも出演されたので、ご覧になった方も多いでしょう。世界の様々な地域に出かけては、蕎麦打ちを広めている蕎麦打ち名人です。温厚で明るい人柄のため誰にも愛され、松本さんが打つ蕎麦にも、その人柄が表れています。もちもち感のある、やさしくて、おいしい蕎麦が、松本さんの蕎麦の特徴です。

 

【受講料】

第一部 5,000円

第二部 5,000円

 (第一部と第二部を通して受講される場合は1,000円割引させていただきます)

 振り込み先は、お申し込みいただいた方に、メールでお知らせいたします。

 

【最寄り駅】

東京メトロ銀座駅 A1出口から徒歩1〜2分

 

【会場所在地】

東京都中央区銀座5丁目6-5 NOCOビル 2F

(銀座NAGANOは、長野県のアンテナショップです。その2階のイベントスペースが会場となります)

 

●道具類は、すべて会場に準備してありますが、エプロンだけ、ご持参ください。そば粉で、服が汚れずにすみます。